社内恋愛の心得

【リアルな社内恋愛事情】社内恋愛で嫉妬⁉職場で彼氏・彼女を作るメリットとデメリットとは?②

前回のつづき!

前回記事の【リアルな社内恋愛事情】社内恋愛で嫉妬!?職場で彼氏・彼女を作るメリットとデメリットとは?①では社内恋愛のメリット7選をご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか!

今回はその続きとして、社内恋愛のデメリット社内恋愛をする上で不可欠なことについてご紹介していきます!

それでは早速いっていきましょう!

社内恋愛のデメリット 7

①職場で会い過ぎることでマンネリ化する

これは社内恋愛に限った話では無いと思いますが、お互いの熱が落ち着いて来たタイミングでも無理に会う頻度を変えないとお互いの負担になりますよね。

社内恋愛では否応にも会わなければならない事があるので、距離を置きたかったり新鮮味を大事にしたいカップルとしてはデメリットになるかもしれません。

②周りから噂される

皆さんも学生時代で経験したことがあるかも知れませんが、同じコミュニティで恋愛をするとどうしても噂が付き物です。

隠していても何処からか噂が立ちますし、オープンなカップルでも有る事無い事噂されるのがうんざりと言うことは多々あるみたいです。

③公私混同をしていると勘違いされる

お互いの関係がオープンになっている場合、決して他の人と対応を変えたり、過剰な贔屓をしているわけでなくても、2人でいると「あそこは付き合っているから〜」と言われてしまうこともしばしば…

お互いが潔白だと言うことを証明するためにも、同じ職場と言えど無駄な接触は控えるのも時には大切ですね。

④公認のカップルになれないと周りから白い目で見られる

これはあまり無いパターンではありますが、カップルの片方が過去にも社内恋愛をしていて別れた後にあなたと付き合った場合、周りからは手放しに祝福されない事もあります。

あくまでも職場は仕事をするところなので、職場に恋愛しに来ていると言った目で見られないようにする努力も必要ですし、相手の過去の社内恋愛歴も気にした方が良いかもしれません。

⑤職場の同僚に嫉妬することがある

学生時代でもあったかと思いますが、同じコミュニティにいるからこそ、彼氏彼女が他の異性とコミュニケーションを取っているシーンを目の当たりにする事が頻繁にあります。

もちろん仕事上でのコミュニケーションなのですが、関係がうまく行っていない時などに他の人と楽しそうに会話しているのを見るのは堪えるなと言う人もいるのではないでしょうか。

⑥喧嘩したときや別れた時に気不味い

どんなカップルにも喧嘩は付き物ですよね。しかし職場同じだと冷却期間として距離を置きたい場合にでも否が応でも顔を合わせて、一緒に仕事をしなければなりません

そんな時に仕事間でのミスが続いて信用が下がったらもう最悪…

また別れたカップルの話だと、ある一定の期間まではどうしても割り切れないものだと言います。決して私情を挟まないようにしても、顔や態度に少しは出てしまうもの。また自分たちが気にしなくても意外と周りの人が気にしてしまって迷惑をかけるパターンもありますね。

そんな時は冷静になるべく顔を合わせない仕事を選ぶ必要もあるかも知れませんね。

⑦社内恋愛を隠すことがストレスになる

これは現在の私たちカップルです(笑)

ただ恋愛をした相手が同じ職場にいたと言うだけで、何も悪いことはしていないはずなのに隠さなければならない・隠した方が良い事が多々あります。

今まで上に書いて来た通り、周知される事で起こるデメリットも多く、周りの目を気にしてしまう私たちとしてはなかなかオープンには行けないところ…

周りに打ち明けて今までと何も変わらないのであればどんなに楽か考えてしまいます。

社内恋愛をする上で絶対に守るべきこと 2選

①隠し通すのか、オープンでいくのか2人で決めておく

社内恋愛をする上で、周りの人たちに隠すのかオープンで行くのかは大きな選択です。2人の選択次第で影響するメリット・デメリットが変わってきますし、お互いの認識がずれていると「なんで話してしまったの!?」と後から2人のいざこざに発展してしまう場合もあります。

個人的にはよほど隠すことが苦ではないなら、隠すことをオススメします。

なぜなら職場はあくまでも仕事をする場所という前提なので、もし他の人に知られてしまった場合、職場に遊びに来ているという変な目で見られてしまう可能性も無きにしも非ずです。

「いや自分の周りの人たちはそんなことないよ!」という人もいるかもしれませんが、自分たちの周りには口頭でしっかり説明できる人だけではなく、関わりの薄い人もある程度大きな会社ならいると思います。

そうなった時に自分たちの事を良く知らないけど、今後仕事でかからる可能性を考えたら隠し通すのが無難な選択かなと思います。

②公私混同を絶対にしない

これはオープンにした場合はもちろんですが、隠している場合でも後からバレた際の印象が非常に悪く映ります

「あの2人は付き合っていたから~」とか「またあの2人で一緒にやってるよ」とか周りの人から言われないようにするためにも、過剰なエコ贔屓や接触は控えるのをオススメします。

仕事が終わってから2人で会えばよいのだから、その辺りの我慢は社会人として絶対に守りましょう。

メリットもデメリットもあるけれど結局は…?

 

結局は、社内恋愛は楽しいです!(笑)

 

もちろん今回デメリットで挙げたように、同じ職場でなければ気にしなくて良い事も沢山あります。しかし、お互いやお互いの周りのことを気遣って思いやるのはどこで恋愛しても同じだと私は思います。

正直私たちも付き合うまでに、お互いが好きだという気持ちを確認した後から2ヶ月近くは付き合うという選択がお互いのために良いのか悩みました

たとえ自分が良くても、自分と付き合っている事が周りに知られる事で、良い意味でも悪い意味でも私の動向が彼女の今や今後に影響を与えてしまうからです。

しかし私の数少ない職場の友人から「有限の人生の中で、本当に好きになった相手との時間を、周りを気にするせいで失うなんて馬鹿だ!」と言われ、間違いないと思い、改めて交際を申し込む決心をいたしました。

 

皆様が前回と今回挙げた「社内恋愛のメリットとデメリット、守るべきこと」を読むことで、少しでも社内恋愛という選択肢を考えるきっかけになれば幸いです・・・!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA